ダイヤのサイズは何で決めるの?

crystals-155644_640

ダイヤモンドは、カラット、クラリティ、カラー、カットの4Cで価値を見極めます。

ダイヤモンドには必ずといっていいほど鑑定書が付いていますが、鑑定書には4Cもきちんと表記されています。

▼参考リンク⇒
http://www.nihongo.com/diamond/kantei/diamkans.htm

ダイヤモンドのサイズはカラットで表します。

1カラットは0.2グラムとなっていますので、これを基準にしてカラット数によりグラム数も変わってきます。

婚約指輪などに使われるダイヤモンドのカラットも種類がありますが、一般的には0.1カラットから0.1刻みで1カラットまで、1カラット以降は見た目も大きくなりますし価格も高くなるので、婚約指輪にした場合の料金も変わってきます。

見た目のサイズとしては、0.1カラットが3ミリ、0.2カラットで3.7ミリ、0.3カラットで4.3ミリ、0.5カラットで5.2ミリと徐々にサイズもアップしていきます。

1カラットは6.6ミリ、3カラットは9.3ミリ、5カラットは11ミリとなっていますが一般的に婚約指輪に選ばれるのは、0.2カラットから0.5カラットとなっています。

少し奮発して0.7カラットから1カラットも可能ですが、ダイヤモンドのサイズが大きくてもクラリティやカラーのグレードが低いと、あまり綺麗な輝きではなくなってしまいます。

一般市場に出回っているダイヤモンドにも種類はありますが、大きければ良いという事ではないので、エンゲージリングを選ぶ場合はダイヤモンドの質も重視して選ぶ事をおすすめします。

ダイヤモンドはサイズが大きいほど高級感も出そうに思えますが、例えば2カラットのダイヤモンドと0.7カラットのダイヤモンドがあったとしましょう。

普通に考えたら2カラットの方が価格が高いと思いますが、実際には0.7カラットのダイヤモンドの方が高くなる事もあります。

ダイヤモンドはサイズ以外にも4Cで価値を見極めるので、バランスも重要です。

サイズは大きくてもクラリティ、カラー、カットが最低ランクでは光沢も色も悪く、くすんで見えるのでダイヤモンドの価値も低くなってしまいます。

逆に0.7カラットでも、クラリティ、カラー、カットが最高ランクの場合は価値が跳ね上がるので価格も高くなるのです。

天然ダイヤモンドにも元から色がついている、ピンクダイヤモンドなどカラーダイヤもありますが、この場合は更に価値が上がります。

サイズはいくつか種類がありますが、4Cすべてが最高ランクという場合は一般市場にはほとんど出回りません。

海外の有名な高級ブランドダイヤモンド専門店などで扱われています。

指輪として完成品を選ぶのもいいですし、ダイヤモンドルースだけを選び自分の好きなデザインのダイヤモンドリングを作る事もできます。

オリジナルデザインのオーダーメイドエンゲージリングも素敵ですね。